FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千駄ヶ谷将棋道場で初段に昇段②

前回の続きです。

この時点で7勝1敗(連勝は二連勝)。あと、六連勝すれば上がれる。。。

9局目・・・対2級。後手。角換わり相腰掛銀。中盤で相手がミスして相手の角をボロっと取れる形になり、相手戦意喪失で勝ち。

10局目・・・対1級。後手。角換わり。相腰掛け銀。相手は右四間で来るが、こちらは桂馬を跳ねて反発。難しい局面が続いたが、自暴自棄にならず、丁寧に終盤を指して勝ち。

11局目・・・対1級。後手。相手の矢倉もようにこちらは居角左美濃で対抗。中盤からは、相手の飛車を手にして良くなったが、寄せにモタモタしているうちに、安全だと思っていたが自玉がいきなり危ない形になり、そのまま押し切られて負け。残念な負け。1敗したが、4連勝すればまだチャンスはある。


12局目・・・対初段。先手。相手の四間飛車に棒銀で対抗。相手の悪手につられて指しているうちに有利になり、最後は即詰みで勝ち。


この時点で10勝2敗。

勝敗券をもって道場に向かいました。

13局目・・・対初段。先手。こちらの初手26歩から相手も居飛車で角換わりにしたかったのだが、相手がそうしてくれずに相がかりの変化となる。こちらが序盤から角を手放す展開でかなり苦しい時間が続いたが、辛抱が実ったのか飛車が手に入り、終盤は激戦に。二転三転し端で互いの玉がお見合いになるまでになったが、こちらが85に桂馬を打った手が相手に受けがない手で、ギリギリ勝ち。序・中盤はかなり苦しかったので、粘って指して勝てて本当に嬉しかった対局でした。あと2勝。

14局目・・・対初段。先手。実は知っている子(中学生)で、相手の中飛車に角道不突で対抗。中盤で桂損しながらも銀を捌き、飛車も切って、角2枚で攻めた手が嵌って勝ち。あと1勝


15局目・・・対初段。先手。相手は大人の方。落ち着いて対局できるのが嬉しかったです。子供の早指しだとこちらの手も乱れるので。
対局は、相手のノーマル三間に石田流本組みに組まれ、中盤は飛車交換に。こちらも左美濃で囲い、自分からは崩れる指し方をしないように慎重に慎重指す。終盤の入口で馬を切って踏み込んで、いろいろあったが最後はかなり大差になって勝ち。
やっと初段に上がれました。その投了図が以下です。相手の方が、感想戦前に撮影を許可してくれました。


最後は結構な差になりました
20180728.jpg


これでとりあえず一区切りです。初段になったら、新しい戦法を始めようかなとか思っていましたが、まだ社団戦などもあるので慣れている戦法でもう少し続けようと思います。

24では、7級8級をウロウロとしているので、次は24上級タブを目指そうかなとか考えています。

ま、とにかくまだまだ精進です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
プロフィール

tamunet

Author:tamunet
将棋低級(24は13級(ブログ開設当時、将棋道場4級)です。

将棋について、日々の勉強結果や思ったこと、対戦記録などを書きます。居飛車党。ニコ生コミュニティ

こちらも参考に

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Micro Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。