FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の将棋 1月30日

・将棋倶楽部24 2敗(R397→362)
・渡辺明『ひと目の読み筋』7手詰め 12問
・iphoneアプリ 詰将棋ライト 1手詰 81問
・3手詰ハンドブック 160問


24対局は15分を2局。

1局目は、相手の四間飛車に対して僕が玉頭位取りを採用。
序盤からうまく駒組みできて、中盤は優勢になる。
ただ、玉頭からの攻めをグダグダとやっているうちに、
相手にも手を作られ、ギリギリまで追い込まれ、
最後はギリギリこっちの玉が詰まないという展開に。
『さー詰ますぞー!』というところで、着手に迷って、ギリギリでタップしたが、着手間に合わずまたもや切れ負け。
最後、冷静に見れば本当に簡単な詰めがありましたが
見抜けませんでした。着手しようとした手もギリギリ詰まなかったかも。


2局目は、相手の四間に僕の居飛車。序盤に向い飛車にされいきなり仕掛けられる。
その無理気味な手に対して、しっかり長考したのだが、抜けもれがあっていきなり劣勢に。
そこからは一方的でいいところなしの負けでした。


24の時間切れ負けは、これで3回連続。
着手が遅くなる原因のひとつとして、着手の度に指し手を確認する『着手確認』を設定しているから。

ギリギリで指すと、着手確認で2秒くらいかかって、結局切れてしまうので気をつけようと思います。
勝ってる将棋を着手ミスや時間切れで負けてしまうのは、本当にもったいないですからね。


他、昨日に引き続き、鈴木大介さんの将棋の教科書をお勉強。米長さんの名局集も少し並べる。

戦法は、相振りにも少し手を出しましたが、四間飛車についてまだまだ不十分&お勉強不足なんで、
当分は、四間一本で行こうと思います。
相手が振ってきたら手損してでも居飛車にするスタンスも変えないでいきます。
何かで読みましたが、大山名人があまり相振飛車を好まず、相手によって振ったり、居飛車にしていたようです。
振り飛車党、居飛車党などありますが、僕の場合、必ず対抗系になるから、対抗系党でもいうんでしょうかね。


王将戦は、羽生さんが勝って1勝。朝の段階では、必ずしも有利なわけでなかったと思うのですが、最後は大差であっさり終了。

渡辺さんって駄目ならスパッとあきらめてしまうタイプなんですね。
羽生さんは、不利でも何かありそうと思わせるかのようにギリギリまで指すから、そこに違いを感じます。
ま、あきらっていう名前なだから、あきらめも早いのかな?関係ないですねw

スポンサーサイト

今日の将棋 1月29日

・将棋倶楽部24 1敗(R414→397)
・渡辺明『ひと目の読み筋』7手詰め 12問
・iphoneアプリ 詰将棋ライト 5手詰 54問
・3手詰ハンドブック2 80問


24対局は15分を1局。

僕の四間飛車に相手の居飛車穴熊。
序盤で少し早めに動いた55からの歩交換から、
角頭を狙われ、飛車先を突破され、
いきなり苦しい展開に。
劣勢から相手玉付近に歩を垂らしたり粘りましたが、着手に迷っている内にまたもや時間切れで負け。
序盤からいきなり失敗したのではっきり負けでした。

対局後、あらためて鈴木大介さんの『将棋の教科書、振り飛車持久戦』で居飛車穴熊の勉強をしました。
よく見たら自分が失敗した変化も載っていました。駒組が十分でないところで、仕掛けると駄目ですね。
この負けを教訓に、居飛車穴熊には自信をもてるようにしたいです。


昼間は、羽生さんVS渡辺王将の王将戦第3局を、主にニコ生で視聴。

現在、2敗の羽生さん。
素人目からみて、どうもタイトル戦の渡辺さん相手には、
少し無理して攻めようとしている気がするんですがどうなんでしょうか。
(森内名人相手にも言えますが)

2年前の王座戦や去年の棋聖戦では、しっかり勝ってます。
でも、1日制ですから無理をなんとか成り立たせているだけで、
2日制だとその無理が出る気がするんですよね。

まだ2日制のタイトル戦では、渡辺王将から勝ち越ししたことありません。

なんとか王将奪取して欲しい(私は羽生ファンです)ので、今回はぜひぜひ勝って欲しいと思います。

今日の将棋 1月28日

・将棋倶楽部24 2敗(R444→414)
・渡辺明『ひと目の読み筋』7手詰め 16問
・iphoneアプリ 詰将棋ライト 5手詰 27問
・3手詰ハンドブック2 60問
・佐藤康光の実践で使える囲いの急所 1,2章

24対局は2局で、両方とも15分。

1局目は、相手の四間飛車に僕の居飛車。
75に位を取り玉頭位取りもどきでかまえる。
中盤は、玉頭でのさばきがうまくいって、玉を単騎で引っ張りだし優勢に。
ただ、そこから、攻めを急いだため、うまく玉に逃げられ混戦に。

じりじりした戦いが続きましたが、最後は詰められて負け。
中盤は、ほぼ勝ちに近いところまでいったので悔しい負けでした。

2局目は、僕の四間飛車に相手の居飛車引角戦法。
どう相手していいかわからなくて、序盤から時間をつかいまくり。

角交換になり、手待ちで上がった98香の隙間の99に角を打たれて劣勢に。
時間もなくなり、着手に迷っているうちにまさかの時間切れ。
序盤だけで終わってしまいました。

引き角は、当たったことなかったのでどういう方針でいけば良かったかわからなかったけど、
53にいる角頭を狙うのがいいみたいですね。
手待ちの98香も意味ないとかわかったし、この敗戦を機に次はうまく指してみたいと思います。


24対局の時は、序盤で時間を使い過ぎて、中終盤ほぼ1分将棋になる事が多い。
勝負を決める中終盤で時間がないので、優勢でも悪手を指したり、決め手にかける手を指しがち。
序盤から納得して進めたいと思いがちだけど、この時間の使い方はさすがにまずいので、早めに指すようにこころがけたいと思う。

今日の将棋 1月27日

・将棋倶楽部24 3勝(R396→444)
・iphoneアプリ 渡辺明の詰将棋入門編 1手詰 100問
・3手詰ハンドブック2 60問
・逃れ将棋 13問

24対局は、3局と多めに対局。
実戦は、たくさん指すといい加減になってしまうのと、負けるのが嫌なのであまり指していなかったが、
『今日は勇気を出して実戦を多くしてみよう』と踏み込む。

1局目は、15分対局。僕の四間に相手の居飛車。
定跡とは違う形で相手はきたが、中盤から駒得し優勢に。
優勢なので、じっくりじっくり指して相手投了。
もう少しスピード感ある攻めができたかもしれないけど、
優勢なのに間違って形勢損ねるのも嫌なのでじっくり指しました。

2局目も15分対局。
僕の先手で飛車を振ったが、相手が早石田を見せてきたので、飛車を居飛車に戻す。

序盤にいきなり角交換し、よくある両取り65角が決まる。
相手は低級によくある無理攻めタイプで、序盤でいきなり僕の飛車得。
圧倒的優位になるが、そのすぐ次の手で悪手を指しいきなり優位がゆらぐ。
ここで頭に血が上って手拍子しそうになったけど、時間もたっぷりあったので
頭を冷静に戻して、じっくり指し進める。こういう時、早指だと悪手を指し続けたりしがちですよね。

途中、危うい変化もあったが、最後は追い込んで勝ち。
低級早石田使いは、荒い手の人が多いから冷静に対応するのが吉ですね。

3局目は、夜に30分対局。
僕の四間に相手の右四間。

相手は、囲いもそこそこに早めに仕掛けてくる。
中盤、相手玉を中段まで追い込み、形勢はややこっちがいいという時に長考に沈む。
中段玉をどう寄せようかと考えこんだですが、その長考後の1手が大悪手w!
形勢は微妙に。

その後は、相手が攻めを急いで僕に駒を渡したこともあり、最後、ぎりぎり必至に近い形に相手玉を追いこんで勝ち。

久しぶりに1日で3連勝もできたので気分良かったです。

やっぱり、実戦が一番緊張感を持って向かえるのがいいですね。
ただ、負けると嫌ですが、、、

そういえば、24のレベルは夜と昼とでは違うと誰かが書いていたのを見たことがあります。
おそらく、夜の方がレベルが高いと思うので、R上げたいなら昼間が狙い目なのかなーw


今日の将棋 1月25~26日

・3手詰めハンドブック 160問
・逃れ将棋 10問
・24対局はなし


土日は、入院から一時帰宅。
久しぶりに外に出る。
家でこまごまと雑用をした後は、図書館へ。

・藤井先生の四間飛車の急所1~3
・米長邦雄名局集
・大内延介名局集
・四間飛車のバイブル〈1〉必勝!!四間飛車・急戦編 森けいじ
・佐藤康光囲いの急所
・木村一基の急戦・四間飛車破り


などを借りる
米長先生の本は最近出た本だが、借りられたのは運が良かった。
早速読んで見たが、自戦記が面白い。これなら盤に並べながらも飽きないで読めそう。

家では、対局は行わず、激指先生の棋譜解析だけ行った。
だが、家でも全部の棋譜解析を読みきれなかったので、ファイルに保存してメールで送って、結局病院で見ました。ということで、家ではあまり将棋やりませんでした。
NHKや将棋動画は見てましたけどね。

新刊の『逃れ将棋』も手元に届いた。
まだ最初の簡単な問題だが、詰め将棋の派生版みたいで、取組みやすいのが嬉しい。今やってる寄せの手筋200より取り組みやすい

日曜の夜に借りた本をどっさり抱えてまた病院に戻る。
全部は読みきれないけど、とりあえず読みたくなったらと思いもってきました。

まだ決まってないけど、来週早々には退院すると思うので、入院生活ももう少し。
また、将棋を楽しみたいと思います。

今日の将棋 1月24日

・将棋倶楽部24 1敗 R413→396
・渡辺明『ひと目の読み筋』5手詰め 130問
・寄せの手筋200 9〜10章基本問題

24対局は、15分1局。
久しぶりに相手の角交換四間。僕は、居飛車。

序盤はうまく指せて駒得し、有利な展開に。
ただ、そこから端攻めを狙うも、イマイチ踏み込めない間に攻められる。最後、入玉までいくが負け。171手の長手数でした。

序盤は明らかに優勢だったと思うけどどこか問題だったかは激指先生と検討したいと思います。

そう、今日は病院から一時帰宅します。

家帰って所用をすましたら図書館で本借りて、もしたかしたら将棋道場行くかも。人混みに行かなければどこいってもいいと言われているので。

退院は、恐らくさ来週中にはできそう。足の痺れもほぼ良くなってますしね。

今日の将棋 1月23日

・将棋倶楽部24 1勝 R399→413
・渡辺明『ひと目の読み筋』5手詰め 60問

24対局は、15分1局。
僕の居飛車に僕の四軒飛車。
相手が急戦調で攻めてきたが、飛車と角を交換しあってうまく捌く。左の桂馬も捌けて調子がいい。
相手は舟囲いでこちらは美濃囲いで玉も固い。

途中、危うくなりそうな変化もあったが、相手の端攻めを逆用して、
なんとか詰ませて勝ち。久しぶりに24の対局で勝てたので安心しました。

ここ最近の対局は、全て四間飛車。相手が居飛車なら僕が四間に振るというのもありますが、
中飛車や石田流で挑戦してくる人が出てこないは珍しい。
そう言っている間に今日あたり挑戦されるかも。

ある記事で知ったんですが、穴熊囲いで自陣の桂馬を跳ねることを、囲いが薄くなることに
例えて『パンツを脱ぐ』というらしいですね。
他にも、相手の攻めをしっかり受けてじりじりと対応するのを『マッサージ』と呼んだり(今話題の桐谷さんがそういう棋風だったらしい)、終盤の逆転劇を『事件』と呼んだり、将棋界のことばは面白いのが多いですね。

1月23日は、調子があまりよくなくてあまり将棋できなかった。
ブログ書いてる今日は、調子が悪くないので、王将戦見ながらいろいろやろうかな。

先日アマゾンで買った『逃れ将棋』も手元に届くかも。楽しみ。

今日の将棋 1月22日

・将棋倶楽部24 1敗 R416→399
・iPhoneアプリ 渡辺明の詰将棋中級編 5手詰 100問
・渡辺明『ひと目の読み筋』5手詰め 60問
・寄せの手数200 9章 基本問題

24対局は、長考30分1局。
相手の四間飛車に僕の45歩早仕掛け。

急戦の中では一番好きな戦法です。中盤で飛車交換になり、そこから端を攻める。
最後、踏み込んだが、詰めきれず、相手に詰まされて負け。
踏み込む前に1手自陣に安全な手を入れていれば、まだ詰まなかった。

最近は、自玉の安全度を高めないで踏み込んで負けることが多い。
相手玉ばかりではなく自玉もしっかり見ながら指さないと駄目だなと反省しました。

24では最近負けてばかりなので、久しぶりに将棋ウォーズで1局。
さすがに手が荒れそうなんで弾丸はせずに10分切れ負けで対局。

相手四間に僕の居飛車急戦調の戦い。相手が金を飛車側の32に上がった為、
美濃囲いが薄くなる。そこを狙って玉頭から攻めつぶして勝ち。
気楽に指していたのもあって気持ちよく指せました。

玉頭から厚みを作って攻めるのが最近の好み。
玉頭位取り戦法の有吉先生あたりの棋譜でも眺めてみようかと思います。

週末に一時帰宅できそうなんで、帰ったら激指先生と24対局の棋譜検討会をしようかと思います。

最近、朝日杯の対局を行っているんですが、40分と対局時間が短い中で、
感心するプロの手筋がたくさん見れて参考になります。

ブログ書いている今日は、大平さん、菅井さん、豊島さん、屋敷さんが出ますが、
断トツ大平さんを応援したいと思います。

今日の将棋 1月21日

・将棋倶楽部24 1敗 R432→416
・3手詰ハンドブック2 40問
・寄せの手筋200 第8章 基本問題
・将棋の教科書 振り飛車急戦 三間飛車

24は、15分対局1局。僕の四間飛車に相手の右四間。
相手は、囲いもそこそこに急戦調で仕掛けられる。こちらは、美濃囲いがあるので捌きあえば有利。
序盤は、そこそこ優勢に。

ただ、そこからが問題で、うだうだ指しているうちに差が縮まる。
そして、最後、勝てそうか確信がもてないまま、詰みを決めに行ったが、
詰みきれずに負け。

中盤も自玉を安泰にして駒得を狙うなどしっかり指せば良かったと振り返りました。

ここのところどうも勝てなくてちょっと嫌な感じです。
なかなか勝てないと嫌になりますね。


詰将棋は、昨日に引き続き3手詰めハンド。簡単な問題を、本を見ずに頭の中だけで解くようにしました。
簡単なものならそこそこ解くことはできましたが、この方法は時間がかかるし効果がまだよくわからないので、
詰将棋はまたたくさん解く方にシフトしようかと思います。

本は、鈴木大介さんの将棋の教科書で、三間飛車の対急戦をお勉強。
僕は指さないんですが、相手が三間飛車をしてきた時の対策を知る為。
対三間飛車はいまいち対策がわからなくて、苦手な分類です。
早石田で来てくれると乱戦に持ち込んで楽しめるので好きなんですが・・・

今までスマホでブログ更新してましたが、病院のPCがあるのでこっちで書くことにしました。
やっぱりキーボードの方が楽々です。

これからの更新は、朝になりますのでよろしくお願いします。

今日は、これから朝日杯。明日は王将戦。
見るものたくさんあって退屈しないのは有難い限り。ってか、このまま社会復帰したくなくなりますわw

今日の将棋 1月20日

・将棋倶楽部24 2敗 R465→432
・3手詰ハンドブック2 160問
・寄せの手筋200 第7章 基本問題
・相振り飛車の教科書 3章

24は、15分対局で同じ人と二局。正確に言えば対局途中で通信が落ちてしまい、再挑戦したのだが、何故か再開にならず再度挑戦になる。あげくにその通信落ちの対局は僕の負けという扱い。ま、負けに近い局面でおちたからいいんですが。

で、二局目。1局目と同じ、自分四間飛車に相手の右四間。それも米長玉に囲う端玉銀冠から仕掛けられる。

形勢が苦しいという判断と、時間が無くてしっかり読めずに攻めすぎてしまい、結果負け。

柿木将棋で棋譜入れながら参考ヒント見てたら、自分が不利と思っていても意外とそんな悪くないところもあって、もっとじっくりと力を溜めて指さないとなーと反省しました。だいたい、大味な攻め失敗します。

どこかで脳内将棋盤の話を読んで、自分も全くできてないなーと思いました。それで今日の三手詰の2問だけ、問題を見たら、後は本を見ずに頭の中だけで解くようにしました。

やっぱりそもそも問題を覚えるのがなかなかできなく、チラチラ見ながらになりました。ただ、中々鍛えてる感があるので、今度は三手詰めハンドの最初の簡単な40問から始めようかと思います。

今日の将棋 1月19日

・将棋倶楽部24 1敗 R483→465
・iPhoneアプリ 渡辺明の詰将棋中級編 5手詰 50問
・相振り飛車の教科書 1章、2章あたりを読む

24は、長考30分将棋。相手居飛車に僕の右四間。僕の右四間の攻めがしっかりはまって勝勢に。ただ、そこから詰みを錯覚。それでも優勢だったのだが、またまた錯覚して飛車を取られて最後ギリギリ詰ませられなくて負け。結果的にひどい将棋になりました。

時間もたっぷりあるのに間違えてしまうのって右四間だからかもしれません。攻めが単調で大味なんで、どうしてもヨミも雑になってしまうような気がするんですよね。いや、でもこの将棋は酷かった。

ただ、久しぶりに感想戦したので少しは気持ちが落ち着きました。

お勉強は、杉本先生の相振り飛車の教科書を盤に並べながら。

先手の時は、相手が84突かないといつも振り飛車か居飛車か決められないので、端歩突いて様子見て対応してるんですが、2手目84じゃない場合は、勇気をもって3手目66歩で相振りも戦法の一つに加えようかなーと少し思いました。

ただ、この本の解説は、浮飛車の場面が多く、どうもそれにまだ慣れません。まだ実戦で指してませんが、本が進めばチャレンジしてみたいと思います。

あっ、それと森信雄先生の新刊『逃れ将棋』買いました!届くのが楽しみ〜

今日の将棋 1月18日

・将棋倶楽部24 1勝1敗 R 499 →483
・iPhoneアプリ 渡辺明の詰将棋中級編 5手詰 50問
・寄せの手筋200 第六章基本問題

24は2局。
1局目は、長考30分。相手居飛車に僕の四間。お互い銀冠に組むが角交換から飛車をいじめて優勢に。60数手で相手が投了。

2局目は15分戦。1局目と同じ戦型で僕が四間。玉頭戦を狙って不安定な銀冠にしてしまったのが良くなく、押し切られて負け。

やっぱり、王飛接近とか、囲いなど基本に沿わない変な手を指すとダメですね。ましてや四間飛車はカウンターを狙うのに、自分から変な動きをしてしまいました。

それでも、130手くらいまで凌いで凌いで粘りました。これが後に効いてくるといいですが。

今日は、リラックスルームで前回指したおじさんと指して負けてしまいました。1局目は勝ちで、2局目が負け。

あんまり大差つけてもなーと思い、なんだか油断した手を指していて、最後詰んだと思ったら詰んでなくて、そこから変な感じになって結局負けてしまいました。

森下さんや深浦さんの師匠の花村先生の本少し読んでるんですが、『将棋上達には賭け将棋が1番だ!』と。要は何か賭けてると1局、1局真剣に指すから。それが1番向上に良いという話で。

いや、確かに。次のおじさんとの対局はこの心持ちでいきたいと思います!

今日の将棋 1月17日

・将棋倶楽部24 1敗 R499 →486
・iPhoneアプリ 詰将棋5手詰 70問

24は午前中に長考30分将棋。相手四間飛車に僕の居飛車。急戦の45歩早仕掛けになりそうだったが、相手が銀を引いたため仕掛けられない。そのため、こちらから仕掛ることもせずにひたすら待ちまくる。

すでに序盤でほぼ30分を使う長期戦。相手が仕掛けたところからうまく立ち回って優勢に。終盤は、最後詰め切れるか考えていたら、時間が無くなり、着手にミスってまさかの時間切れ。

辛抱して辛抱しての将棋だったので残念。でも、中盤うまく立ち回って、桂馬捌いたところとか我ながら上手くできたと実感。

他は詰将棋のみ。面会に二人来て、検査やなんやらやってると意外と時間が無くなった。明日は二局やれるかなー

今日の将棋 1月16日

・将棋倶楽部24 1勝 R485→499
・五手詰ハンドブック2 50問 2周目終了
・iPhone詰将棋アプリ 5手詰 10問
・寄せの手筋200 5章基本問題

24は長考30分。相手の居飛車に僕の四間飛車。相手は、中住まいにして端攻めてくる戦法。これ、以前も道場でやられたことあるんだけど、奇襲戦法の一つなのかな?

端は攻められるも、左辺は無傷、
駒得しながら力を溜めて、溜めているうちに攻められて、ヤバイ状態に。詰みを相手が逃したのを幸いに28に居た玉を、結果83まで移動(笑)。最後はしっかり詰ませて勝ち。

対局数は、もう少し増やした方が良いかもしれない。ただ、15分以上で早指しはしないのと、適当に指さない方針は守りたい。

仕事の昼休み等に適当にやっていた将棋ウォーズも入院後は全く指していない。ホントに24のみ。

今日で最高R更新!

今日の将棋 1月15日

・将棋倶楽部24 1勝 R 471→485
・五手詰ハンドブック2 80問程度
・寄せの手筋200 4章基本問題

24対局は、長考30分。相手居飛車に僕の右四間。中盤、詰められそうな局面でミスして形勢不利に。最後も危うかったですがなんとか詰みきって勝ち。

右四間は攻めが単調で切れてしまう事が多いのであまり指さないが、攻めが決まるとめちゃくちゃ気持ちが良いので、以前はよく指してました。今回は、行き過ぎにならないように攻めましたが、やはり破壊力ある分攻めが切れた時の反動は怖いです。

棋譜は、昨日の順位戦を少し並べる。中田コーヤン先生の三間飛車対穴熊など。コーヤン流には注目してます!居飛穴が潰れるのは爽快です。

以前作って放置状態だったTwitterの将棋アカウントを再開しました。入院中という事で、将棋上達やcommunicationに利用したいと思います。
アカウントtamunet465です

入院も2週間目に突入。依然、症状はあるがマシになっている。ってか、点滴の影響で風邪っぽかったがやっぱりどう見ても病人には見えんだろう(笑)。まー、足の痺れとかが症状なのでそうなんですが。

4人部屋で、イヤホンしながら24対局してる時、知らずに声が出ちゃうんですよね。特にミスした時。カーテンで仕切られてるから何やってるかわからないと思うけど、周りは、ビックリするだろうなーと思います(笑)

ま、せっかく頂いた入院生活。
将棋上達にしっかり活用しなきゃ。
まさしく将棋上達は、今でしょ!ですね。

今日の将棋 1月14日

・将棋倶楽部24 1勝1敗 468→471
・五手詰ハンドブック2 70問
・森信雄 あっという間の3手詰スペシャル 10問
・寄せの手筋200 2.3章の基本問題
・順位戦棋譜並べ 3局くらい

24は2局とも15分。1局目は、相手の四間飛車に僕の右四間。歩切れになりどんどん不利になりましたが、最後まで粘っていたら相手の時間切れで勝ち。反省の多い内容でした。

2局目が熱戦で、相手の四間飛車に僕の居飛車。急戦で駒組みしていたら相手が角道をあけてきて角交換に。銀が32で待機して、飛車先は33銀で守るものです。

そこから辛抱、辛抱でお互い仕掛けず、しびれを切らした相手からの攻めをしっかりしっかり受ける。やっと飛車先突破し、有利になる。最後、即詰みを見逃してしまい、王手飛車取りをうけて負け。悔しい負けでしたが、しっかり指せたし、内容的には最後はこっち勝ってたわけだから、満足いく内容でした。午前中のラッキー勝ちと合わせておあいこです。

また、今日はC級2組の順位戦もやっていたので観戦。居飛車対振り飛車の対抗系を三局ほど並べました。過去の2局と今日の1局です。

解説もあるし、最新の棋譜なので、棋譜並べは、順位戦のものを少しやろうかなと思います。

今日の将棋 1月13日

・iPhoneアプリ詰将棋7手詰 15問程度
・iPhoneアプリ 渡辺明の詰将棋3手詰 50問

今日は、ずっとニコ生で王将戦を観戦。ほぼ終盤戦から始まり、どちらが勝つかよくわからない感じでしたが、最後は渡辺勝ち。最後の85桂を指した羽生さんでしたが、控室やニコ生では詰みはないと結論づけられていました。結果負けましたが、何か誤算があったのだろうか?気になるところです。

実戦は、入院中のリラックスルームにいたおじさん二人と対局。

一人目のおじさんとは、平手で一局。僕が二枚落としていい勝負という腕前で、勝ち。

二人目のおじさんがなかなか指せて、二局。
一局は、おじさんの失敗もあって勝てました。

二局目は、僕の四間におじさんの居飛車で、飛車先を破られて終盤は危ないところまできましたがなんとか勝ち。
美濃崩しのテクニックを知っているし、前に対局しているのを見ている時にコマ落ちで指してたんで強いんだろうなとは思いましたが、なかなか強かったです。病院では、やはりみんなあまり相手ならないようで、駒落としたりして指しているよう。また指しましょ〜とお話しました!

iPhoneアプリの詰将棋の7手詰が終了。
次は五手詰ハンド2をまたやろうかな!


今日の将棋 1月12日

・iPhone詰将棋アプリ7手詰 7問
・iPhoneハンゲーム詰将棋アプリ 3〜5手詰 5分解きまくり 14門
・寄せの手筋200 1章基本問題10問

今日は朝からニコ生王将戦、NHK杯、またニコ生王将戦と観戦が中心でした!

NHKは、屋敷さんのうまさが目立った一局でした!最後はプロ的には圧勝でしょうか。

王将戦は、後半は寝てしまってあんまり見れてなかったんですが、封じ手の時点でなんかもうのっぴきならない状況になってますね!プロ的にはかなり難解なようですが、玉頭に成圭がある羽生さんの方がシロウト的にはかなり危なさそうに見えます。明日は、朝から終盤戦でしょうか。ニコ生で楽しみたいと思います。

二局とも偶然か戦型は矢倉。金井恒太五段のよくわかる矢倉を並べたいと思いました!

他の方の将棋ブログで、『定跡書は成功例のみまずは並べて、勘所をつかむのが良い』と書いてありました。定跡書って失敗例と成功例両方あって、同じ局面何度も細かく変化突っついてると嫌になってくるんですよね。まずはうまくいく所だけ並べて勘所を抑えるってのは、とても良いなと思いました。早速実行したいと思います。

それと昨日頼んだ寄せの手筋がもう到着。早速、基本問題から始めてます!

今日は対局はなし。

今日の将棋 1月11日

・将棋倶楽部24 2勝0敗 R436 →468
・iPhone詰将棋7手詰 15問程度
・iPhoneアプリの詰将棋 1手 50問程度。3〜5手 15問程度
・相振り飛車の教科書 杉本昌隆


24対局は、早指しと長考将棋。基本、24では15分以下は指さないんですが、早指しの挑戦を間違って受けてしまいました。

居飛車対僕の四間飛車。早指しだからいきなり仕掛けられて、時間がないので危うい将棋になりましたが、相手の王手放置で勝ち。早指しだからか、相手の指し手が凄く荒く感じられました。時間があればじっくり咎められたと思います。

二局目は、相手の4 →3 振り飛車に僕の居飛車。長考30分だったので落ち着いて考えられました。相手の美濃囲いに僕も左美濃でしっかり固めての戦い。相手が桂損して飛車交換を挑んできてしっかりそれに応じる。相手が無理気味に攻めてきて、しっかり駒得。二枚飛車で最後は鮮やかに寄せられました。途中ミスりましたが、しっかりと指せた気持ち良い一局でした。やっぱり、玉をしっかり固めるのと、時間がたくさんある将棋はしっかり指せますね!

詰将棋はiPhoneアプリの詰将棋の7手詰。1手〜11手まであり、7手は160問程度あるとてもお得なアプリです!いま140問目くらいまで終わってます。

その他詰将棋ライトというアプリの1手詰とハンゲームの詰将棋アプリの3〜5手も解く。

本は、杉本先生の相振りの本。まだ序盤だけしか読んでないです。一応並べながら読みました。

他、見舞いにきてくれた友人と僕の二枚落ち上手で一局。二年くらい前に初心者から始めたくらいのレベル。久しぶりに対局とのことでしたが、昨日のおじさん達よりしっかり指してました。勝敗は僕の勝ち。

それと寄せの手筋200をAmazonで予約。
近所のコンビニで受け取れるようにしました。これも入院中には、仕上げたいです!

明日はNHK杯に王将戦だー

入院で将棋強くなる!

年明けから足のしびれがあって、何度か病院に行ってました。先日病院に行ったら、結果的に入院になりました!脊髄炎らしい。ただ、特に体調も悪くなく、熱などもないのでアタマはスッキリ。

生まれて初めての入院で、仕事はもちろんできない。三食は黙ってても出てくるし結構快適な環境です(笑)

ということで、将棋の勉強にはうってつけ!

パソコンが無いのでスマホで棋譜解析ができないのが残念ですが、

詰将棋、必死
24対局
定跡勉強
棋譜並べ

と欲張って勉強してみたいと思います。


病院のリフレッシュルームみたいな所にはやはり将棋盤がありました。
昨日、入院中のおじさんの対局を見ました。レベルは駒の動かし方を知ってて少し指せるくらいのレベル。

いやーある意味凄かった(笑)
というのも、詰んでるのに詰みに気づかず、変な手を指すから局面がどんどん複雑になって、とんでもない形になるんですよ(笑)

以前、羽生さんだったかな?アマチュアの将棋はプロより複雑化するみたいな事言ってた記憶があるんですが、それが少しわかりました。
プロから見ても低級同士の戦いは同じように見えてるのかなーと思いました。

正月明けの24対局は、4勝3敗、R436です。450戦後をいったりきたりしています。

入院予定は1ヶ月くらいの予定です。この間に24で上級、5級くらいまではいきたいです。ですが、まずは低級脱出が先決です!

入院中は更新頻度を上げて上達していきたいと思います!

main_line
main_line
プロフィール

tamunet

Author:tamunet
将棋低級(24は13級(ブログ開設当時、将棋道場4級)です。

将棋について、日々の勉強結果や思ったこと、対戦記録などを書きます。居飛車党。ニコ生コミュニティ

こちらも参考に

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Micro Ad
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。